Web2.0小作人の悲哀

ニコニコ動画がDDoS攻撃を受けていた話ですが、ITmediaの記事によるとDDoS以外に、一部youtubeからもアクセスを遮断されていたみたいです。

前に、Web2.0とかマッシュアップって、結局、地主と小作人じゃんっていう話がありましたが、今回のニコニコ動画の件とかみると、まさにそんな感じですよね。あたりまえなんですけど、地主の考え一つで小作人の運命はどうにでもなってしまいます。
マッシュアップしてサイトを作っている企業は、いつ自分のサービスが止められてしまうかっていうリスクを考えながら運営しなければならないってことなんでしょうね。

今回の件は、どういう理由でアクセスを遮断されたのかは分からないですが、例えば、著作権ゴロな団体等が「日本のXXXというサイトは著作権侵害をした動画を積極的にマッシュアップしているから、アクセスを停止しろ」みたいなことをyoutubeに申し入れれば、いきなりサービスを止められてしまうなんてこともあるかもしれないです。そのサービスが必ずしも著作権侵害を目的とするものではないのにもかかわらず。

はてなのRimoとかもやばいかも。。。

Twitterでも情報配信中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。