ソニー・エリクソンのXperia X10(SO-01B)がやっと発表されたっぽい

しばらく更新してなかったので、久しぶりにブログ更新します。

さて、去年より噂だったソニー・エリクソンのXperia X10がSO-01Bとしてやっと発表されたみたいです。

Xperia X10のスペックや詳細情報はタッチ&トライイベントに行った人のブログでいろいろ紹介されているみたいなので、ここでは、ちょっと気になる点についてまとめてみました。

iモードメール

HT-03Aの頃から要望が多かったiモードメールは今回も非対応の模様です。ただし、「ドコモ山田社長、「Xperiaは新感覚エンタテイメントマシン」 – ケータイ Watch」の記事によると

iモードメールについては、既存サービス「iモード.net」とは別の取り組みとして、年内にも対応する方針が明らかにされた。

とのことですので、2010年中にはなんとか対応がされそうです。(去年も今年中になんとかみたいな話を聞いたような気はしますが。。。w)

Android OS

Xperia X10のAndroid OSのバージョンは1.6のようです。既にGoogle発売のNexus Oneは2.1に対応しているので、ちょっと残念ですね。ただ、将来的にはバージョンアップするような話が開発者ブログに書いてあるという話もあります。自分も探してみたけどちょっと見つけられなかったです。
まぁ、HT-03Aでも1.6に対応された分けなので、そこら辺はそんなに心配いらないんじゃぁないかなとは思います。

FeliCa

もちろん非対応ですw まぁ、FeliCa自体は国際規格から外れてしまっているので、ソニー・エリクソンみたいに世界各国で共通の端末を展開する場合は対応してもらえないですよね。ただ、将来的にはNFCみたいなFeliCa上位互換の非接触ICは搭載されることもあるかもですね。

Biz・ホーダイダブル

スマートフォン契約者必須のパケット定額制サービスでしたが、4月以降はパケ・ホーダイダブルに統合されるそうです。
今までは、1つのSIMカードをガラケーとスマートフォンで差し替えながら使うということが難しかったですが、Biz・ホーダイダブルとパケ・ホーダイダブルが統合されることで、そういった使い方もやりやすくなるんじゃないでしょうか。
っていうか、何気に今回のXperia関連の発表の中では、結構な目玉なんじゃないかと思ったりします。

まとめ

今の所、日本市場でAndroidを一般の人に普及させるにはiモードメールとFeliCaの2つが重要な気がします。FeliCaはハードウェア絡みなので、NFC対応端末を開発してもらうしかないでしょうが、iモードメールについては、ドコモがiモード用メールのAPIを作って公開してくれれば、いくらでも対応ソフトが開発されそうなんですけどね。
すでに、iモード.netっていうwebサービスがあるのだから、APIを開発して公開するのはそんなに難しい話ではないはずです。
なんでもかんでも、自前でやるよりは、余計な囲い込みをやめて自由に開発させた方が、最終的にはドコモも得するとは思うのですが、今まで囲い込みで散々甘い汁を吸ってるからできないだろうなぁと。

まぁ、一番いいのはiモードメール自体がMMSに対応するのがいいような気もしますが、これまた、なかなか難しいだろうなぁ。。。と思ったりします。

Twitterでも情報配信中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。