ドコモが囲い込みしてる間に世界ではどんどんAndroid端末が発売されていく

ドコモの夏モデルに関するリーク情報がいろいろと出てきていますが、今の所Android端末としてはKDDI向けで発表されたシャープ製端末のドコモ版が出るという噂ぐらいしかないです。

ちなみに、お隣の国では、

韓国SK Telecom、Androidスマートフォン8機種を発表。今年中に12機種発売予定

・Samsung Galaxy A:Android 2.1搭載。4月発売
・Sky Sirius:Android 2.1搭載。4月発売
・HTC Desire:Android 2.1搭載。5月発売
・Samsung Galaxy S:Android 2.1搭載。6月発売
・Motorola Droid:Android 2.1搭載。6月発売
・ソニー・エリクソン Xperia X10:Android 1.6搭載。6月発売
・LG SU950:Android 2.1搭載。6月発売
・Motorola XT800W:Android 2.1搭載。6月発売

というような感じで、続々とAndroid端末が出るみたいですね。

Android端末は海外で開発されたものを、そのまま持ってきても動いてしまうのだから、簡単に日本でも発売できると思うのですが、なかなか日本では発売しないですね。実際HTCとかソニエリの端末とかはそうしてるんだから、もっといろいろな端末を持ってくればいいのにと思います。

ドコモとしてはAndroid端末が急速に普及してしまうと、iモードを中心とした囲い込みビジネスモデルが成り立たなくなってしまうので、あんまり積極的には展開したくないのかもしれません。

まぁ、しかし、ソフトバンクのiPhone, iPad攻勢をみると、それもそろそろ限界じゃないかなぁと思います。独自規格のiモードに頼っていてはいずれジリ貧になるのは分かってると思いますので、いずれ、iモードなんかはかなぐり捨てて積極攻勢に出ざるおえないと思います。ユーザの立場を考えて、なるべく早めに積極攻勢に出てほしいですね。

Twitterでも情報配信中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。