windows 7 のログオン画面に特定のユーザのみ表示して他のユーザは表示しない方法

windows 7 のログオン画面は登録してあるユーザの一覧が表示されます。

ユーザのアイコンをクリックして簡単にログインできるのはいいのですが、普段ログインしないユーザが表示されているとなんとなく邪魔だし、セキュリティ的にもあんまりよくありません。

セキュリティオプションから「対話型ログオン:最後のユーザ名を表示しない」を選択すれば、ユーザの一覧は表示されなくなるのですが、この場合、ユーザのアイコンが全く表示されなくなり、毎回ユーザIDを入力しなくてはならないので、これはこれで面倒です。

実は、レジストリを操作することによって、ログオン画面で特定ユーザを非表示にする方法があるのです。

やり方は、まず、レジストリエディタを起動して次のキーを表示します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\AutoLogonChecked\SpecialAccounts\UserList

SpecialAccounts\UserListのキーは作成されていない場合がありますので、その場合は「編集>新規>キー」を選択して作成してください。

次に、表示した(もしくは作成した)UserListキーの所で「編集>新規>DWORD32」を選択しDWORD32値を作成してください。この時にDWORD32値の名前にユーザIDを設定し、値に数字のゼロを設定してください。これで、次回起動時のログオン画面には、ここで指定されたユーザは表示されなくなります。

以上、技術メモでした。

Twitterでも情報配信中!



コメント(3)


匿名

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\SpecialAccounts\UserList
のようです。


haltake

匿名さん書き込みの通りで設定できました。
ただ、コントロールパネルのユーザ管理画面等からも非表示になってしまうようですね。


匿名

ワークグループ環境で、user権限アカウント1つ、Admin権限アカウント1つの状態でこのtipsを実行した結果を報告します。

Admin権限アカウントを隠すようにしたところ、たしかにログオン時のアイコンは出なくなったのですが、それ以外に「管理者として実行」ができない(Adminが表示されない)状況に陥りました。
ワークグループのため、ログオフしても「他のユーザでログオン」も表示されず、セーフモードも当然不可で、「runas」コマンドを使うことで事なきを得ました。
皆様もお気を付けください。(自分が間抜けなだけですが…。)

でも逆に、ここまでしないと管理者に昇格できないので、セキュリティ強化としては使えると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。