汗をかくことができる人間は動物の中で最も長距離を早く走れる?

昨日エアコンが壊れてしまって、汗ダラダラの中プログラムを組んでいたのですが、ふと、なんでこんなに汗が出るのだろうと思っていろいろ調べてみたら、いろいろと面白いことが分かったのでメモ代わりに書いてみます。

動物は汗をかくのか

僕は結構汗っかきな方なので、Tシャツが汗でびしょびしょになることが多いのですが、実は、こんなに汗をかくのは人間だけだそうです。

いろいろ調べてみると、ほとんどの動物は汗をかかないようなのです。確かに、犬や猫が汗でびっしょりになっているのを見たことがありません。厳密には、犬は足の裏に汗をかいたりするのですが、人間のように体全体から玉のような汗が出るというようなことはないらしいのです。動物の中で唯一人間並みに汗をかくのは馬だけだそうです。

汗をかくことのメリット

そもそも、人間はなぜ汗をかくのかというと、汗をかいて蒸発させることで気化熱により体温を下げ、体温を調節するためなわけです。人間のようにたくさん汗をかくということは体温調節機能が極めて高いということになります。

それに対して、ほとんどの動物は汗をかかないため、汗による体温調節をすることができません。動物は呼吸によってしか体温調節を行うことができないのです。そして、呼吸による体温調節は、体全身からの発汗によって行う体温調節と比べると極めて効率の悪い体温調節方法なのです。

そのため、動物は長時間運動をしてしまうと、自分自身から発生した熱をコントロールすることができなくなってしまい動きが取れなくなってしまうのです。いわばオーバーヒートの状態です。それに対して、発汗による体温調節機能が極めて高い人間は、動物よりも長時間の運動が可能になっています。空冷による冷却装置がついているようなものです。

実際、この能力を活かして、太古の昔には持久狩猟(Persistence Hunting)というのが行われていたそうです(現在でもアフリカ南部に住むサン族では持久狩猟がおこなわれているとか…)。持久狩猟というのは、獲物が体温調節ができなくなって動けなくなるまで、何十キロも追いかけるという持久力頼みのシンプルな狩猟です。

人間は走りながらも汗をかくことで、体温を調整できますが、動物は、走りながら呼吸で体温を調節することが難しいため、最終的には動けなくなってしまい狩られてしまうのだそうです。

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
クリストファー・マクドゥーガル
日本放送出版協会
売り上げランキング: 4,106

汗をかくとベタベタして鬱陶しいだけに思いがちですが、この汗による体温調節機能が動物界最強であるというのがなんとも面白いです。頭脳では勝てるけれども、体力や運動能力では動物には敵わないと思っていましたが、人間にも十分強力な身体能力が備わっていたわけなんですね。

長距離で最も早いのは人間か

人間と同じように発汗で体温調節のできる動物に馬がいます。では、どちらが長距離を走れるのでしょうか?

ちょっと考えると、どう考えても馬が勝つような気がしますが、実際に、この疑問の答えを見つけるべく、イギリスのウェールズで馬と人間のレースを始めてしまった人がいるそうです。

レースは丘や荒れ地の35Kmコースを使って行われ、1980年から2014年まで全35回行われており、なんと、人間が馬に勝ったのは35回中2回あるそうです。

さすがに、馬が相手だと、なかなか勝つのは難しいですが、2回も勝っているというのは、それはそれですごいのではないでしょうか。さすがは、動物界最強の体温調節機能を持つ人間ですね。

Twitterでも情報配信中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。